2018年01月22日

夜光雲ってなに?

 先日、テレビニュースが夜光雲が観測されたと伝えていた。西日本の広い範囲で、銀色や赤色に輝く「夜光雲」という特殊な雲が見られたということだ。通常の雲が地上十数`までにできるのに対し、高さ80キロ付近の「中間層」と呼ばれる大気の層にできる氷の雲で、日の入りや日の出の前後に、太陽の光を浴びて輝くそうだ。自然現象としては極めて珍しい現象で、日本では平成27年に初めて観測された。今回は、ロケットから排出された大量のガスやチリが氷の粒となってできたと考えられる。
 朝日新聞の記事によると、このロケットは固体燃料ロケット「イプシロン」3号機で、NECが開発した小型観測衛星「ASNARO-2」を予定の軌道に投入した。イプシロンは全長約26メートルの小型ロケット。ロケット燃料の炎とは別に、彗星の尾のような白い光の帯が真っ暗な空に輝いた。高度100キロ以上の上空で噴出された燃料ガスが太陽光に照らされたとみられ、約30分後には、帯状の雲が、赤みや青みを帯びて一筆書きのように漂う様子が見られたとある。
 兵庫県たつの市の新舞子海岸では18日午前6時10分ごろ、南西の方向に最初に白い閃光が30秒ほど見えて、その後は雲が虹色に輝いている様子が見られたそうだ。ロケットの打ち上げ場所から500キロも離れた場所でも観測されたということは、もっと各地でも見られたはずだ。
 今後もロケットの打ち上げは続くだろうから、ニュース等に注意していて、せひ、一度観測し、撮影したいと思っている。
                                                進学塾オネスト 牛田光洋
posted by honest at 15:53| 理科