2019年02月19日

流れ星がみたい!

 先日、新聞にJAXAが「流れ星衛星」など7つの衛星を搭載した小型ロケット「イプシロン」4号機を打ち上げたとの記事があった。流れ星衛星とは何かと調べてみると、株式会社ALEが可能にしようとしている、夜空をキャンパスに見立てて流れ星で染め上げる「Sky Canvas」プロジェクトの一環でということが分かった。人工衛星から特殊な素材の粒を放出し、大気圏で燃焼させることで流れ星を発生させるというのだ。
 そんなことが本当にできるのだろうか。もし、可能ならば大空で起こる一大スペクタルは、自然の流れ星よりも明るい流星群を生み出すはずである。2020年に、広島と瀬戸内海の空の上で壮観な光のショーを演出しようとしている。ぜひ、大成功してほしいものである。多くの願い事がお願いできる楽しみもある。
 イプシロン4号機.jpg 打ち上げに成功したイプシロン4号機 
 ちなみに自然現象として起こる三大流星群とは1月上旬のしぶんぎ座流星群、8月中旬のペルセウス座流星群、12月中旬のふたご座流星群のことである。人工の流れ星が成功するまでは、自然界で起こる流れ星に願いを託すことにしよう。
                                          進学塾オネスト鈴鹿校 牛田光洋
 
 
 
posted by honest at 13:41| 宇宙