2021年03月23日

さらば!オネスト16期生

どうもお久しぶりです。末松です。
今日はいつもの料理系とかではなく、今年の卒業生の子たちのことについて少し書かせていただきたいなと思います。
16期生の子たちは中学1年生のときから自分が主体となって3年間見させていただきました。
はじめはなかなかまとまらずに大変なことも多かったですが、今となってはいい思い出です。
今年はコロナ禍でなかなか身動きの取りづらい中、来てくれている子たちや保護者の方に助けられながらなんとか卒業させてあげられて今はほっとしています。
さて、入試に関してですがみんなが自分の思い描く進路に進めたわけではないと思います。
ただ、オネストでがんばってきたことはなくなるわけではありません。
今はまだ実感がなくても、高3になったときや5年後10年後に
「あのとき、夏期講習・冬期講習がんばったなあ。」「毎日毎日補講や授業に参加したよな。」
オネストでの生活がそのときのがんばるきっかけになってもらえればと思います。
それではあまり長々となっても仕方がないので、ここらへんで。
何か困ったことや悩み事があればオネスト鈴鹿校で待ってます。
image1.jpegimage0.jpeg


進学塾オネスト鈴鹿校
末松 真充
posted by honest at 16:23| 出来事

2021年03月15日

春休み

おひさしぶりです。鈴鹿校の中島です。

少しずつ暖かい日も増えて来て、春が近づいている感じ

がする今日この頃ですが、先日3月10日に県立高校後期

入試が行われました。

 

今年も色々とイレギュラーなことが多く、一段と大変な一年

だったと思いますがほんとに受験生のみなさんお疲れ様でした。

後は合格発表を残すのみとなりました。改めていい結果でるよう

に合格祈願いたします。

 

190RED20404A_TP_V4.jpg

 

さて、受験が終わるともうすぐ春休みがやってきます。

オネストではもちろん春期講習が行われ、ばっちり復習と予習を

していく予定です。ただせっかくの春休み、皆さんが新学年を迎

えるにあたり、この春休み中にしておくといいのではと思うこと

を勉強以外で自分の経験をもとに考えてみました!

 

@ 整理整頓

これは、タイミングがないとなかなかきっちりとできませ

んし、はかどりません。

新学年になり、また新しい教材を学校や塾などからたくさ

んもらうはずです。かばんの中には、昨年度のプリントが

未整理で折り曲がって眠っていませんか?(笑)春休み

は年度の区切り目ですから、捨てるものや残しておかな

ければいけないものの区別がつきやすいと思います。是非

この春休みに整理整頓をしっかりして、すっきり綺麗な環

境で新学年を迎えたいですね。

 

➁ 新年度の目標や計画をたてる

この一年間を振り返り、新年度の目標や計画をたてるのに

も春休みはとてもいい機会です。毎年小さな目標から大き

な目標まで色々と考えて新年度を迎える皆さんもたくさん

いるでしょう。

 

しかし、実際なかなかうまく達成できないことが多いので

はないでしょうか?勉強の目標や計画を立てることはとて

も大切ですが、その前にまず一番身近な生活習慣の改善が

大事なのではないかと最近よく感じています。

 

特に睡眠時間をきちんと確保することが必要です。部活動

や習い事、そして自分の趣味など皆さんは日々たくさん勉

強以外に時間を使っています。

最終的に足りなくなった時間を睡眠時間を削ってカバーす

る、もしくは睡眠時間を削るほど自分の趣味の時間などに

没頭してしまっているという話もよく聞きます。

 

何事も睡眠不足で常に眠い状況では、せっかくすばらしい

目標をたてても達成することは難しいでしょう。新年度は

自分の悪い生活習慣を改めるよい機会ですので、是非頑張

って良い生活習慣を手に入れましょう。そうすることで、

今度こそ目標や計画を達成できるはずです!

 

 

どうでしたか?日々の身近なことだけに変えていくのは

なかなか難しいと思いますがやはりこのタイミングしか

なかなかチャンスがないように感じます。

皆さんの春休みが充実したものになるように、また全力

でサポートしていきますので新年度に向けて一緒に頑張

っていきましょう♪

 

鈴鹿校  中島 慎也

posted by honest at 20:15| 出来事

2021年03月08日

オネスト16期生の子どもたち

オネスト16期生の子どもたちへ
 後期選抜入試まであと1日。前日にこのブログを作成しています。明日に入試を控えて、鈴鹿校の子どもたちは不安と緊張でいっぱいだと思います。本日は、13時から16時40分まで「前日特訓」をして、最後の最後まで全力でサポートをするつもりです。この学年は、中1から3年間、理系担当の末松が中心になって指導してきた学年です。いわば「末松学級」と言っても過言ではありません。私はもう1人の理系担当の藪田の妊娠に伴い、9月以降数学を担当することになりました。それから半年間指導をさせてもらいましたが、この学年の子どもたちは一言で表すと「真面目」。本当に真面目な子どもたちが多い学年でした。ひたむきに勉強に取り組む姿勢と授業中の静けさは今までのオネスト卒業生の中でもトップ級です。末松を中心として、それぞれの教科指導にあたった担当が、時間をかけて、コツコツと積み上げていくことの大切さを伝えていった結果だと思います。すばらしい学年に仕上がりました。勉強だけではありませんが、何事にも地道な土台作りが大切です。地道に築き上げた土台は多少の波風が来ても崩れません。この子たちはおそらくその土台が築けているのでしょう。受験という大きな壁もきっと乗り越えてくれるはずです。明日の入試では、確固たる自信を持って、今までの努力の成果を思いっきり発揮してきてほしいと思います。毎年受験の神様にお願いするのですが、「どうか、お願いします。この子たちに特別な力を与えてほしいとは言いません。どうか普段の力が発揮できるようお願いします。」4月にはこの子たちが残したあしあとを皆様にご報告できることと思います。ぜひご期待ください。
                                   鈴鹿校 村田泰洋
posted by honest at 23:08| 雑感