2021年06月28日

夜明け前

先日地元にオープンした津市久居アルスプラザに行ってきましたるんるん開館したのは昨年の6月。しかしコロナ禍で大きなイベントができず、ようやくすることができたイベントを当日SNSの情報で知り、急遽行くことにしました。 館内の様子はこんな感じでしたぴかぴか(新しい)
IMG_2961.jpg
IMG_2974.jpg
ここは、平成の大合併に伴い、旧久居市役所が久居駅横のビルに移転したのをきっかけに、その跡地に建てられたものです。大きなホールをメインに美術や音楽や文化全般を楽しむために建てられたものです。近くにいながら初めて訪れました。当日は「地域アーティスト達の競演」というイベントが開かれましたぴかぴか(新しい)
IMG_2973.jpg
箏(こと)の中井智弥さん、サックスのユッコミラーさん、太鼓の服部博之さんがそれぞれに素敵な演奏をしてくれましたるんるん実はこれ、1年前のこけら落としの日にする予定のコンサートでした。そしてこの人たちは3人とも全国で活動している三重県出身のアーティストでしたるんるん 本来はサックスのユッコミラーさんを観たくて行ったイベントでしたが、最初に演奏してくれた箏の中井智弥さんの演奏で、すでに涙腺が崩壊してしまいました。 まずびっくりしたのが最初の2曲でしたがく〜(落胆した顔)「Summer Time」と「枯れ葉〜Autumn Leaves〜」というお馴染みのジャズの名曲をなんと和楽器で演奏してくれたのです!
                                                                                                                                       
「枯れ葉〜Autumn Leaves〜/中井智弥」                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        
MCのときに知ったのですが、この「箏」は従来の琴ではなく30年ぐらい前に作られた二十五弦箏という新しい楽器らしいのですが、音階が1オクターブすらなく、当然シャープもフラットもないので弦のいろいろな部分を抑えて音を出しているということでした。そのジャズの演奏だけでもびっくりしたのですが、そのあと演奏された日本古来の曲と中井さんのオリジナルの曲には涙が漫画のように流れてきましたもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)繊細さの中に力強さもある「花のように」という曲が特に感動的でしたもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
                                                                                                                                                                     
「花のように/中井智弥」                                                                                                                                                                                   
「この曲を聴いて皆さんの心にも花が咲いてくれればと思います」という紹介で始まった演奏でしたが、この曲はまさに自粛疲れで先の見えない世の中に咲いた大輪の花でした揺れるハート『琴線に触れる』とは、まさにこのことでしたひらめき
                                                                                                                                                                                
『不要不急の外出』という言葉に制限され続けている音楽業界。行ったことのあるライブハウスもいくつか閉店を余儀なくされ、音楽活動を全面休止している人も何人かいますふらふらしかし私はこの日「音楽は不要不急の外出ではない」ということを改めて強く心に感じましたひらめきこれほど人の心を明るくし、深い感動を与えてくれた音楽が改めて大好きだと感じ、音楽は人間に必要なものだということを改めて認識しましたひらめき 
                                                                                                                                   今しばらくは頻繁にというわけにはいきませんが、これからもこういうライブやコンサートがあれば状況を見て参加したいと強く心に思いました手(チョキ)この世の中から大好きな音楽の灯が消えないことを強く望みます手(グー)このコンサートは、国の基準に従ってコロナ対策を徹底的に行い開催されましたが、開館1周年の日に何としても開催したいという主催者側の熱い思いと、情熱あふれる演奏、音楽が大好きな人たちが集まった本当に忘れられない1日となりました黒ハート
                                                                                                                                                                              
「夜明け前は一番暗い」という言葉もあります。気象学的には正しいかどうかは定かではないですが、確かに夜明け前は気温もぐっと下がるものです。コロナ対策のワクチンの接種も始まり、大好きなメジャーリーグのエンジェルスの本拠地アナハイムでは、観客の入場制限がなくなり、大観衆の中で大谷翔平選手が大活躍しています野球大谷選手の活躍が雲間から漏れてきた一筋の光ならば、この沈み切った世界の夜明けはもう間もなくなのかもしれませんend
                                                                                                                                                                              
進学塾オネスト白子校
中根眞澄
posted by honest at 15:13| 雑感

2021年06月22日

集団接種についていきます。

来週の日曜日、コロナウィルスの集団接種に行ってきます。もちろん、私のではありませんよ。両親の接種に会場までついていきます。両親の家から接種会場まで距離があるので、車で送迎することにしました。送迎することで年老いた両親への親孝行になるのではないかと自己満足にひたっていましたが…

妻が『接種会場に子どもを連れて行くのは…』と言っていたので、家族みんなで行くのでなく、『一人で送迎してくるよ。』と言うと、妻から『予定を空けといたのに!』と大激怒され、夫婦間の溝を埋めるのに苦労している日々になりました。

進学塾オネスト鈴鹿校 都築

posted by honest at 16:08| 日記

2021年06月17日

表紙見て!

オネストの夏期講習の募集が始まった。

 

今日は梅雨の晴れ間。鈴鹿校のスタッフで夏期講習のチラシのポスティングをした。

 

IMG_0470.jpg

 

2021年夏期講習チラシの表紙がこちら。

 

0613chirasi_gazou_moji_ari.jpg

 

  

昨年卒業した16期生をイメージして末松がデザインした。

個人的にすごく気に入っている。

 

15歳の子どもたちにとって高校入試はとても大切である。そして勉強に向き合っていかなければならない。ただでさえ大変なのに16期生はコロナ問題にも向き合わなければならなかった。限られた時間と場所の中で精一杯努力してくれた16期生たちをイメージしたのが今回の表紙だ。

 

皆さん、いい感じでしょ!

 

今回の表紙は自分にも刺さるものがあった。

塾は学校とは違う。生徒が選んで通塾してくれなければつぶれる。だからこの少子高齢化の中、それぞれの塾が工夫をして生徒募集を行う。そんなときに突然現れたコロナ。生徒たちの安心、安全が根底から崩された。授業時間や授業スタイルに制約を受け、塾自体の在り方を問われることになってもう1年以上が経つ。さすがに辛い・・・

しかしこのまま下を向いていても意味がない。前に進み続けようと決めた。徹底的にコロナと戦う。できることはすべてしてやる。代わりにオネストを選んでくれた生徒たちへの教育はどんなことがあっても続ける。自分たちもコロナ禍のアスファルトを突き破り、力強く根を張り、芽を出さなければならない。

 

インターネットやSNSが普及する今日。生徒募集も手軽にできるこんな時代だからこそ、自分たちの足で歩き、汗をかき、犬に吠えられながら、今回のチラシを一枚一枚皆さんに届けよう。鈴鹿校スタッフで限られた地区を歩いた。また別の日に違った地区を歩こうと思っている。ポスティングにおすすめの地区があれば是非教えてください!!

 

ブログを読んでくれた皆さん。今回のチラシを改めて見てみてください!伝わったでしょうか?

 

IMG_0474.jpg

 夏期講習チラシはこちらから!!tirashi202106.pdf (juku-honest.com)

 

16期生の合格体験記「あしあと16th」も今回の表紙をまとって間もなく完成します。お楽しみに!

 

 

本当にいい表紙を作ってくれた末松にお礼の言葉を言おうとした。

汗だくで帰ってきて彼を見るとカーディガンを羽織ってこっちを見ている・・・

 

 IMG_0473.jpg

「いい表紙をありがとう!」が変わる・・・・

 

「暑苦しいわっっ!!」

 

ついでにもう一つ言いたくなってきた・・・・

 

IMG_0475.jpg

 

折ったら「『ふん』やん!!」

 

 

PS 先週末松がはまっていると言っていた「美酢」

 

IMG_0468.jpg

 

 

悔しいが買って飲んでみた・・・・

 

「すっぱいわっっ!!」

 

 

 

進学塾オネスト 西岡宏樹



続きを読む
posted by honest at 21:51| 雑感