2013年06月19日

感謝

記念すべき第1回の「熱血ブログ」。最初のブログの出来次第で今後のこのコーナーの存続を左右することになると思うと結構緊張しますが、オネストのことを語るのであれば、オネストの卒業生のことを語れば…という安易な考えに行き着いたので、語らせていただきます。思いのまま書き過ぎると周囲からいつも「くどい!」と批判を受けるので、あまり力を入れ過ぎずに語ります。

先日、受験生とその保護者の皆様を対象とした「平成25年度第1回高校入試説明会」を実施しました。そこで、オネストが持っている入試情報や高校入試の流れなどをお話させていただきました。その説明会につい最近オネストを卒業した高校1年生を呼んで、今通っている高校の様子や受験勉強で大変だったこと、夏期講習の心構え、将来の夢を話してもらいました。たくさんの保護者の方々を前にしてとても緊張したと思います。でも卒業生たちは堂々と話をしてくれました。3月に卒業してわずか3ヶ月余りしか経っていないにもかかわらず、卒業生たちの成長ぶりにとても驚きました、と同時に非常に感動しました。卒業した子どもたちがこういう形で恩返しをしてくれることをとても嬉しく思います。オネストの卒業生がどういう大人に成長していくのか、その過程を直接目にすることはできませんが、大きな期待も込めてここ鈴鹿の地より見守り続けたいと強く感じます。最後に一つ伝えたいことはオネストでの経験を通して築いていくものの中には、子どもたちにとってかけがえのない大きな財産になるものがあります。それが子どもたちの今後の人生にどう影響を与えていくのか、期待感を持つ半面この仕事の責任の重さを感じずにはいられません。2歳になる娘が最近「パパお仕事…?またね!」と言って私を送り出してくれます。胸を張って「パパはこの仕事に責任とやりがいを持って頑張っているよ。」と誇れるようにもっともっと講師力と人間力を磨いていきたいと思っています。

進学塾オネスト鈴鹿校
村田 泰洋

IMG_4625.JPG
午前の部

IMG_4648.JPG
午後の部
タグ:雑感
posted by honest at 23:36| 雑感