2020年06月24日

整体に行ってきました!

お待たせしました!!

西岡の大作ブログにお付き合いください!!

 

先日何十年かぶりに整体に行ってきた。

 

というのも、鈴鹿市内のマッサージ店で働いていた教え子がコロナ感染症での営業自粛を機に、心機一転独立をして個人整体店をオープンさせたのだ!

 

その教え子は付き合いも古く、もう31歳になる。小学校、中学校と私の下で学んでくれたのだが、私が今の進学塾オネスト鈴鹿校(旧イズム)を立ち上げる直前に高校進学をさせた最後の卒業生だ。たくさんの思い入れがある学年なのだが高校進学後もたまに友達と顔を出してくれていて今になる。市内のマッサージ店に勤め始めてからはお互いに時間も合わず少し疎遠になっていたのだが、今回の独立の話を久しぶりのメールで知り、昔にした約束を果たすべくお祝い片手に会いに行った。

IMG_0144.jpg

 

せっかくなので奈央先生と休日をもらい2人で夜に予約をいれた。

 

お店はマンションの一室で完全個別予約制。部屋に通されると雰囲気良くアレンジされた部屋に寝心地のよさそうなマッサージ台が一台。普通の整体院を想像していたのだが、予想以上にオシャレで驚いた。体によさそうなお茶が振舞われ、久しぶりの再会で昔話に花が咲いた。

IMG_0082.jpg

 

施術前までは教え子との久しぶりの再会だったのだが、いざ施術が始まると教え子の顔がプロに変わった。問診で体の悩みと希望を聞き取り、立ち姿から体のラインを読み取り、その人の日常の生活スタイルや職業を考慮し、足裏から体を調整していくらしい。

 

奈央先生は立ち仕事のせいで足首がカッチンコッチンのようだ。足首のほぐしから骨盤の締め、肩甲骨から肩のほぐしと施術は続いていく。私の勝手なイメージで整体はもっとバキッ!!とか ボキッ!!とか ゴリゴリ!!とか イタタタタタッ!!とか 必死にもだえ苦しむ奈央先生を楽しみにしながらカメラを構えていたのだが、めちゃめちゃ気持ちよさそう!「このままずーーーーーーーっとしといてもらってもええわ」なんて言いながら天国気分!すごいと思った!

IMG_0079.jpg

 

あっという間に奈央先生が終わり、いよいよ私の番!

さっきの奈央先生の施術を間近で見ているので不安感ゼロ!

立ち姿と体のラインを読み取った教え子が一言!「西岡さん、体に遊びが全く無いよ!」

 

今まで体に大したご褒美を上げてきたわけでもなく、猫背、ヘルニア、五十肩と順風満帆におっちゃん街道を駆け抜けてきたこの体!

教え子が世話になった恩師に、今までの恩義を思い存分返してくれるのだと、さぞかし心地よい施術で天国に連れて行ってくれるのだと・・・・・

 

横から教え子が奈央先生に声をかける「ここにドクロマークがあるんですよ!」「今からシャッターチャンスになりますのでどうぞ前のほうへ!」

IMG_1695.jpg

 

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!

IMG_1697.jpg

 

 

絶対私の体で遊びやがった!

 

冗談はさておき本当に施術は最高だった。教え子がこんなに立派になって、独立して、プロになって!何とも言えない嬉しい気分になる。ちょうど私が鈴鹿地区の教育を自分なりに創っていきたいと村田先生と共に独立したのも31歳のときだった。そのころの思いをまた再燃させてくれるドクロマークだった!

 

そんな教え子が一つ教えてくれた。

10分の施術で開いた骨盤を戻すことって実はすぐにできるんです。でもすぐに元に戻ってしまいます。ぼくはそんな施術でお客さんを満足させたくはありません。何事も時間をかけてじっくりすれば長持ちしますよね。」

私たちの子供に対する教育もその場しのぎで点数を上げるだけの教育であってはならないんだと。時間をかけて学ぶ意図や楽しさを熱意を込めて伝え、将来を創る子供たちをじっくりと育てていかなくてはいけないんだと改めて教え子に学んだ。

 

さぁ!今から中3本科の授業だ! きっちりと子供たちのドクロマークを押してやる!

 

ポチっとな!!

 

PS:いいお店でしたので気になる方は西岡まで!

 

進学塾オネスト 鈴鹿校

西岡 宏樹

 

posted by honest at 17:40| 日記

2020年06月01日

みっつんキッチン♪

お久しぶりです。末松です。
最近もうかなり暑いですね。6月ってこんなに暑かったっけ?毎年思っている気がします。笑
さて、そんな暑い日には冷たいおやつはいかがでしょうか?
それではレッツキッチン!!
今日はレアチーズケーキを作ります。
材料はこんな感じです!今回はオリジナルではなくインターネットで調べながらやってみました。
ぜひよければ検索してみてください!
IMG_0321.jpg
まずはケーキの底の部分制作です。クッキーを粉々に!
ざくざく感を残すなら少し粗めに!舌触りをさらさらにするなら完全に砕いちゃってください!
image0.jpeg
後はボールを用意して、ひたすら材料を混ぜるだけ!!
クリームチーズは常温(時間がなければレンチン!)に、バターはしっかりとかしてくださいね!!



ってことでスキーーーップ!
image2.jpegimage1.jpegimage3.jpeg
image4.jpegimage5.jpeg
これで生地は完成!!
後は型に流し込んで冷やしたら終わり!
ここまで約20分!最初に仕込みさえしっかりしておけば15分くらいだと思います!
image6.jpegimage7.jpeg
冷蔵庫でねかすこと約1時間半。最初に型に少量の油をしくと、とりだすときもらくちんてす。


完成はこんな感じ!
image8.jpeg
お手軽レアチーズケーキとアイスコーヒーのセット!
甘さ控えめでこれからくる暑い夏にぴったり!!
ジャムとかをそえるのもありだと思います。



鈴鹿校 末松 真充
posted by honest at 15:37| 日記

2020年05月20日

STAY HOME

 お久しぶりです。鈴鹿校の村田です。新型コロナウイルスで大変な状況ですが、新年度最初の熱血ブログを投稿したいと思います。オネストは4月末より休業要請に応じ、臨時休校しました。5月7日より授業は再開しましたが、なるべく密を避けるため、中学生本科は昼の部と夜の部に分けて実施している状況です。
 臨時休校中も含め、外出自粛で本当に暇だったので、今話題になっている「STAY HOME」村田家ver.をご紹介したいと思います。つまらない内容ですが、お付き合いください。
その@「段ボールハウス」
DSC_0586.JPGDSC_0582.JPG
段ボールで家を作りました。お粗末なものですが…。手前に冷蔵庫とキッチンがあります。後ろ向きなので、かなりクオリティの高い作品をお見せできなくて残念ですが…。奥にある大型テレビに芸能人を描いてみました。
さて誰でしょう?(ヒントは土曜日の新ドラマに登場する2人です。)
そのA「お誕生日PARTY」
line_8413556355391162.jpgline_8413619083192336.jpg
ゆゆちゃんが9歳になりました。もう9歳になりました。家族みんなで飾り付けをしてお誕生日パーティーをしました。
上2人の娘たちがほとんど私の相手をしてくれなくなったので、本当にこの子がいてくれて感謝しています。私の生きがいです。パパの子に生まれてきてくれて本当にありがとう。
美しいケーキはオネスト鈴鹿校の隣にあるピネードさんに頼んでキャラクターを描いてもらいました。去年はミニオン、一昨年はベル。毎年感心しますが、本当に上手です。
そのB「スライム作り」
DSC_0608.JPG
過去に一度大失敗して以来、私は作っていませんが、ゆゆちゃんが上手にいろいろな色のスライムを作りました。
その日の夜、スライム屋さんごっこをしました。上の写真はスライムの特長を一生懸命説明しているゆゆちゃんです。映っていませんが、手前に私がお客役でその説明を聞いています。
そのC「UNO」
DSC_0612.JPG
UNOを買う前は2人でトランプをしていました。ばばぬき、大富豪、ブタのしっぽ、七並べ、スピードなどなど。でもやり過ぎて飽きてきたので、UNOに変えました。何十回いや何百回としました。
そのD「シャボン玉」
シャボン玉ゆゆちゃん.jpg
おばあちゃん特製ストローでシャボン玉遊びをしました。写真をご覧ください。びっくりするくらいシャボン玉がでていませんか?まぁどうでもいいですけどね。
そのE「YouTube」
DSC_0613.JPG
暇があればYoutubeを見ていました。私はよくわかっていないのですが、有名なYouTuberさんがしていた「24時間生活?」を和室で決行しました。トイレ以外は和室にいなければいけないという単純なゲームなのですが、2人とも2時間ぐらいすると飽きてきて、いつのまにかゲームは自然消滅していました。
そのF「番外編」
三重県の緊急事態宣言が解除された後、2人で久しぶりに海に行きました。昼からだったので、それほど遠出はできず、千代崎の海に行きました。小さい魚を捕まえようとしました。虫取り網と虫かごをもって。
DSC_0626.JPG
DSC_0629.JPG
しかし、やつらは思っていた以上にすばしっこくて、私も何回も試みましたが、一度も成功しませんでした。悔しかったです。
結局虫かごに収まったのは…。
DSC_0632.JPG
大量の貝殻。その夜お風呂の中には、「あさり屋ゆゆちゃん」が開店しました。
DSC_0635.JPG
以上です。仕事柄(仕事のせいだけではありませんが)、家族と共に過ごす時間が少ない私にとって、この自宅待機期間中は大切な時間を過ごすことができたと思っています。嫁さんの「仕事はいつからなん?」オーラはとても厳しかったですが…。仕事が再開して、まだまだ全開ではありませんが、子どもたちのために全力で働きたいと思います。
                                                  鈴鹿校 村田泰洋
posted by honest at 17:06| 日記