2017年09月13日

高級品!!

お久しぶりです。末松です。
もうそろそろ体育祭や運動会の時期ですね。自分は幼稚園、小学校、中学校と今年は3回行くことになりそうです。笑
さて、先日中央道路のTSUTAYAに久しぶりに行ってみると自分はなぜかその日にかぎって”アル物”から目が離せなくなってしまいました。
それは・・・
image3.JPG
アイスクリーム!!ただのアイスクリームじゃないですよ。値段のところが見えづらいですがよく見てください。
332円+税!!
高っ!!と思いながらもどんな味がするんだろーとか、こんなん誰か買うんかなーとか思いながら、アイスケースとしばらく向き合うことに。
数分考えた結果。こんなアイスなんかに400円近く無駄やんなと自分をなっとく・・・なっと・・・。
image4.JPG
しませんでした。笑
意志の弱さに驚きです。自分のことですが。
食べた感想ですが、想像を絶する美味です。口の中に入れた瞬間からアイスがとけていき、ふわっふわとした食感が口いっぱいに、中からクルミなどの木の実がでてきて、アイスのふわふわ感と木の実のサクサク感が絶妙なコントラストをうんでいます。一度食べたら病みつきになる味。是非一度食べてみてください。
唐突ですが、ここからは、我が家のファミリーをご紹介
image2.JPG
ウサギ科アナウサギ ネザーランドドワーフ 名前:チョコちゃん
image1.JPG
ネズミ目キヌゲネズミ亜科 ドワーフハムスター 名前:ハムちゃん
完全に蛇足です。笑
では、まだまだ暑い日が続きますので体調管理には十分にお気をつけください。
オネスト鈴鹿校
末松 真充
posted by honest at 15:41| 歴史

2017年05月15日

国の重要文化財に触れて!

 先日のゴールデンウィーク休暇の時に一日二人とも予定が空いた日があったので、妻と一緒に福井県の敦賀までドライブに出かけた。急ぎではなかったので自動車専用道路は通らず、一般道で、途中「道の駅」により野菜などを購入し、「日本さかな街」で昼食をとり、敦賀市博物館と西福寺へ行った。  敦賀市博物館は最近、国の重要文化財となった元銀行の建物で、一見の価値があった。敦賀の豪商大和田家が設立した明治時代の建物で銀行だったものである。地下のレストランは誰でも自由に入れたり、3階のホールは地元の人々が様々なイベントで自由に使えたりしたようだった。名前からして、もしやと思っていたが、やはり俳優の大和田獏はこの家の子孫であった。西福寺も国の重要文化財で貴重な建物であったが、かなり傷んでおり、修復の必要を感じた。いずれの建物も大変貴重なもので、後世に残さなければと痛感した。  ボランティアで月に一度ほど桑名市の六華苑(鹿鳴館等を設計したジョサイア・コンドルが建てた洋館)で苑内の案内をしているが、こちらも国の重要文化財であるので、改めて貴重な建物に関わっている喜びを感じた。仕事で忙しいができるだけ続けていきたいと思っているところである。                          進学塾オネスト四日市校 牛田光洋
posted by honest at 16:17| 歴史

2016年12月05日

真田丸

 10月30日日曜日に学生時代の友人と大阪城真田丸の跡地を巡ってきました。彼とは大学4年間同じ下宿で過ごしました。学生のころはほぼ毎日顔を合わせていましたが、お互い就職してからは年賀状の交換ぐらいで、彼の結婚式に家族4人で参加以後、9年前に久方ぶりに会いましたが、お互い仕事が忙しくあっていませんでした。
 お互い子供たちも成長し、少し余裕ができたので、今年3月に桑名に来てもらって桑名の名所を案内しました。そこで今回は二人とも好きな歴史上の人物である真田幸村が大河ドラマでやっているので、私が大阪に行き、真田丸の跡地らしき場所を自転車で巡り、おいしいお好み焼きを食べてきました。坂があり結構大変でしたが、久々に楽しい時を過ごしました。
 大阪城とはどのようなお城であったかというと、織田信長に長年抵抗し、最後は負けましたが、浄土真宗の本拠地であった石山本願寺のあった場所です。大阪の上町台地の北の端にあり、北と東西を川に囲まれた場所であった。石山ということは、もとは大きな古墳があったのではないかと思われるところです。古墳の石室には当然のことながら巨石が使われており、今は木の生えている部分は葺石で覆われていましたので、石山と呼ばれることが多かったのです。唯一の弱点は南からの攻めでしたのでその防御のために真田丸が築かれたのです。近年の考古学的調査で今までと違う場所ということが判明しました。その跡地を訪れてきました。歴史は変わるのです。皆さんも、時間があれば教科書に書かれているを暗記するだけでなくその場所に行ったりして歴史に触れてみると、勉強にも役立つと思います。ぜひ、各地に出かけてみてください。
                                          進学塾オネスト四日市校 牛田光洋
posted by honest at 12:15| 歴史