2018年06月28日

家族旅行!!

どうもお久しぶりです。末松です。
前回のブログで予告した通り、GWに家族(妹は仕事のため不在)で北海道に。
初日は旭川空港に夕方到着し、そのままホテルに直行!!
二日目は母の希望で朝から旭山動物園に行きました。自分、母、祖母と平均年齢約50歳なのに動物園って・・・まあ年齢は関係ないのかな笑。
開園10分前くらいに到着したのですが、チケット売り場には長蛇の列が・・・。
自分『これ・・並ぶ・・・の?汗』
ざっと数えて百人はいました。
並ぶこと数十分でやっとこさ入園。
感想は北海道ってやたらめったらでかいイメージだったけど想像よりかは小さかったです。道もスロープなので祖母でも問題なく回れました。
自分「はぁ・・はぁ・・これ、まだいくの・・?もう疲れたんやけど??」
祖母「何いってんの、まだシロクマエリアいってないじゃない。」
実際はこんな感じだったんですけどね汗。
旭山動物園を昼過ぎにでて、そのあとは高速を使って札幌まで。
札幌まで行く途中ワインセラーによったのですが・・・。
母「ここからここまで1本ずつとこれとこれを5本ずつ下さい。」
お土産用に買ったみたいなんですが、『ここからここまで』現実世界で言っている人初めて見ました。
そんなこんなで途中サービスエリアによったり、ぶらぶらしながら5時間弱くらいかけて札幌に。
北海道ってひとくくりにいっても、車で5時間弱って時間帯によっては三重から東京まで行けますね。
三日目は夕方まで小樽を散策して、夜の飛行機で三重まで帰ってきました。
旅行は楽しいんですが、二人とも自由すぎてかなり大変でした。・・・どっちが保護者なんだ笑。
 
では何枚か写真を撮ったのでベストショットをどうぞ!!
IMG_0546.jpg
みんなどこ見てるんだ?明後日の方向??
image3.jpeg
この崖(?)高さ3mあるんですが、どうやってのぼったの??
image2.jpeg
あれ?村田先生??
image1.jpeg
村田先生??(二回目)日焼けしました??
posted by honest at 15:35|

2018年04月05日

世界遺産「宗像大社」に行ってきたよ!

 先日 妻と2017年世界遺産に登録された「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺跡群の一部である宗像大社大島に行ってきた。博多まで東海道・山陽新幹線で片道4時間で行き、そこからレンタカーに乗り太宰府天満宮と合わせて参拝してきた。
 『古事記(712)』『日本書紀(720)に登場する宗像大社は沖津宮(おきつうぐう)、中津宮(なかつぐう)、辺津宮(へつぐう)からなる。沖津宮(おきつうぐう)は沖ノ島、中津宮(なかつぐう)は大島、辺津宮(へつぐう)は宗像市にあり、一直線になっている。沖ノ島の延長上には韓国の釜山(ぷさん)があり、沖ノ島は古代から神聖な場所として女人禁制で島に入る前は全裸でお浄めをしてからでないといけないところである。
神職は10日交替で一人ずつ決まった祭祀を執り行っている。古代から連綿と受け継がれている。一木一草も島から持ち出してはいけないそうである。
 残念ながら沖ノ島へは行けないが、辺津宮に参拝した後、辺津宮の奥にも第二宮、第三宮として中津宮、沖津宮が祭ってあるので、こちらをお参りし、神宝館で沖ノ島出土の国宝を見学した。貴重な品々があり、感激した。その後、フェリーで大島に渡り、中津宮と沖津宮遥拝所へと足を延ばした。大島にはボランティアで沖ノ島の説明をしてくれるおばちゃん達がいて、熱心に話をされ、いかにして受け継がれてきたかが、よくわかった。
 太宰府には先に行き、塾生みんなの合格を祈願してきた。どちらも小学校社会の地図帳にも掲載されているので、遠方だが、是非、皆さんも参拝しよう。
IMG_1088.JPGIMG_1105.JPG
太宰府天満宮                      宗像大社
                                            進学塾オネスト鈴鹿校 牛田光洋
posted by honest at 16:28|

2017年08月29日

オネスト職員旅行 〜関ヶ原歴史探訪の旅〜

先日、オネストの職員一同で滋賀方面へ職員旅行に行ってきました。

 

まずは研修を兼ねて関ヶ原方面へ。関ヶ原といえば、あの天下分け目の戦いとよばれる関ヶ原の戦いの舞台であったところ。

 

では、わたくし社会科講師である藤井が関ヶ原の戦いについて解説しましょう!

関ヶ原の戦いは1600年に徳川家康側の東軍と豊臣家を盛り立てようとする石田三成側との・・・

 

えっ?解説はいらないって?そんなことより旅行の話をしてほしいって?

 

 

で、では気を取り直して、関ヶ原に向け、いざ出陣!

 

 

まず関ヶ原の戦いについての知識をより深めるため関ヶ原歴史民俗資料館へ。

 

IMG_8188.JPG

 

オネスト職員はみんな食い入るように展示物を見学し、関ヶ原の戦いだけでなく、歴史のロマン、ダイナミックスさを全身で感じているようでした?

 

では、歴史に触れハイテンションになった先生たちの顔出しパネルをどうぞ。

 

IMG_8189.JPG

足軽鉄砲隊の愛称まさみっつん先生。

眼鏡の足軽って・・・時代考証はめちゃくちゃです。

 

 

IMG_8190.JPG

白子校の愛称ますみん先生の石田三成。

青いフサフサのロン毛がステキ(特に深い意味はありません)。

 

 

次は西軍の中心人物であった石田三成の陣跡へ。関ヶ原を一望できる山に三成は陣を敷いていました。三成はどのような思いで戦いの行方を見ていたのでしょうか?

 

IMG_8196.JPG

西軍の実質の大将石田三成の陣跡。

 

IMG_8193.JPG

三成は関ヶ原を一望できる笹尾山に陣を敷いていました。

 

 

そして石田三成の陣跡なのに、西軍を裏切り東軍へ寝返ったことで有名な小早川秀秋がなぜか登場。秀秋は親切にも関ヶ原の戦いについてガイドをしてくれました。

 

IMG_8195.JPG

小早川秀秋とわたくし藤井が記念にパシャリ。

秀秋さんから掲載許可はいただいていないのでお顔はNGとさせていただきます。

 

 

次に立ち寄ったのが胡麻の郷というテーマパーク。こちらでも壮絶な戦いがありました。

 

それがこちら。

 

 

 

IMG_8198.JPG

足つぼマッサージで悶絶の表情で戦う西岡先生。

きっと体は悪いところだらけなのでしょう。

 

 

一日目の行程を終え宿泊するホテルに到着。

 

夕食は鉄板焼きをいただきました。

 

IMG_8215.JPG

たくさんのアワビと松茸などが鉄板焼きに。

「アワビと松茸の連合艦隊や〜」

 

IMG_8219.JPG

滋賀といえば近江牛。この日だけはちょっと贅沢に近江牛のステーキ。

「お肉のブルジョワ階級や〜」

 

 

そして深夜まで職員一同で教育について熱く語り合い、就寝。

 

 

 

 

そして朝。

 

この時、わたしたちは歴史的な出来事の目撃者となりました。

その瞬間を撮影した写真を紹介して、このオネスト職員旅行記を終えたいと思います。

 

 

 

 

それがこちら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8222.JPG

寝ぐせ全開のまさみっつん先生。

「頭がキラウエア火山や〜」

まさに歴史的。

 

 

 

進学塾オネスト鈴鹿校

藤井 孝明

posted by honest at 15:34|